FC2ブログ



相変わらず遅い上、役に立たないプレイレポですが。
まぁ~、自己満なんでネ。←




慶次3周目。
難易度を『強い』にしました。レベルも50台でしたんでね。←チキン

残すEDは2種だったので、西軍側へ~…と思い、進めたんですが……。


取り敢えず、進軍ルートは、
前田→姉小路→雑賀→石田→小早川→毛利→鶴姫→最上→関ヶ原
――という順。

雑賀の次に、徳川へ行けば『赤ルート』。石田へ行けば『青ルート』もしくは『緑ルート』となります。
1周目は『赤』だったので、今回はまだ選んでない方へ。
予定では、『青』のEDを目指した…筈だった。


というのも。
7戦目(今回の場合、対鶴姫)終了後に利家が、まつが東軍の人質になったことを知らせに来ます。
東軍の味方になれという脅しです。

そこで選択を迫られるんですよ。
大切な家族を助ける為に、東軍に加勢するか。
惚れた女を守る為に、一緒に西軍として戦うか。

で、8戦目の進軍先。
ここで対黒田を選べば、青ルート。対最上を選べば、緑ルート。
――というところで、何を血迷ったか最上を選択した私。
緑ルートに突入でした/(^w^)\


家康とも交流のある最上に取り入ってもらい、まつを救出しようと考えた慶次。
ところが、まつを連れ去った張本人が、この最上だったという事実!!
少しでも西軍に対して有利になろうとした、最上の策だったというワケでした。

それを知ってブチ切れる慶次。
と、そこに現れたのは別れた筈の孫市。まつを助けてくれてました。
石田と契約している雑賀衆が、手助けしたとなってはマズいだろうと感じた慶次でしたが、丁度契約切れで次を探していた、という孫市。

こんなに混乱を招いた張本人達に、お灸を据えに行こうと、関ヶ原へ乱入!!(9戦目関ヶ原・乱入)

死闘を繰り広げているガキんちょ(笑)家康・三成にお灸を据え(=ボコる)て、合戦を鎮めた慶次。
助けてくれた孫市に礼を述べるも、「契約に従った」と言う孫市。
いつの間にやら雑賀衆と契約を結んでしまっていたらしいことに焦り、払う契約金が無いと言う慶次に、孫市が言います。

ならば、雑賀で働け。一日三食付きだ。
ただし、昼寝は無いがな。

こうして、新しい幸せを見つけた慶次でした。
一件落着!!


――って、なんじゃこりゃwww
ある意味このルートも、関ヶ原なんかどうでもwな展開でした?
天下分け目の戦いに巻き込まれながら、自分の幸せな将来を見つけてしまいましたよ、慶次www

それから、EDの孫市には驚かされましたよ。ホントに。

だってそれまでは、やはり、ツンケンとした態度というか。つれないなぁというか。
赤ルートとも同じですけど、逃げ道扱いされてたワケですからね。
寧ろ、赤よりも慶次のあしらい方がぞんざいだった気もw
逃げる慶次を、ストレートに叱咤していたという方が合ってるかも知れませんけど。

慶次が、逃げていたことに正面から向き合って、その上で孫市に謝ってからは、態度が変わってました…かな?
(今回で言えば、7戦目でのイベント)
慶次は秀吉の死に怒って、それから逃げ出したのですが。
孫市曰わく、「泣くことは、死を受け入れること」。(…だったかな?←)

つまりは、向き合ってほしかった…っていうことでいいのかな、解釈。


なんにしろ、どことなくいい雰囲気にもなったような感じもしましたが。
確実に、慶次は孫市の尻に敷かれるんじゃないかとwww



で、こちらも相変わらず完璧ではない、参考程度に特別恩賞の条件ですが。

姉小路⇒一度は全ての陣地を占拠
小早川⇒全ての釜の火を消して小早川を倒す、隠し通路を発見して天海を倒す
毛利⇒全ての装置を破壊
鶴姫⇒全ての陣地を占拠、味方の船を二度着ける
関ヶ原・乱入⇒1000人斬り達成

小早川のところは、どちらかの特別恩賞しか獲得できない仕組み、だそうです。
金吾か明t…天海の片方しか倒せないので。(…という、弟情報)

鶴姫は、1戦目(3回の移動アリ)で体力を0にできれば、味方の船が到着する筈です。

関ヶ原・乱入では、兎に角、Hit数と撃退数が稼げますね。
第一条件の1000人斬りも、大谷と忠勝の空中戦が終わる頃には、大体500人前後斬ってますんで。
放っておくと、あっと言う間に陣地も取られる→つまり、敵がわんさかwという戦況ですし。
軽く、2000人斬りは可能かなぁ…と。



これで一応、EDも残すところ一つで。
現在、青ルートEDを目指して『最強』で挑戦中ですが……流石に、難易度が上がると、通常攻撃のごり押しがききませんね。
防御も大切ですね☆ミ(ヲイ)



以上、気付けば緑ルートでした。
 
スポンサーサイト




2010.08.24 Tue l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://soraai2013.blog.fc2.com/tb.php/51-3144e2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)