FC2ブログ



マイペースにバサラってます。
参考にもなりませんが、プレイレポ続きです。(注、ネタバレ)






慶次1周目(赤ルート)。
今回は、途中で奇襲イベントが発生したので、計9戦となりました。

前田→織田残党→雑賀→徳川→武田→奇襲イベント→南部→…?→毛利(関ヶ原)……だったハズ


雑賀衆の後を追って、4戦目は東(徳川)か西(石田)かを選べるので、取り敢えず東へ。
ここで西を選ぶと、青ルートに入りますが…それはまた。


赤ルート…というか、孫市に会ってからは、それまで、秀吉が死んでクサっていた慶次が、「惚れた女は、死んでも護る!!」を信条に奮闘する様子が見られます。
孫市にあしらわれる様子とかもw
置いてけぼりにされたり、「からす」と言われたり。

まぁ、個人的な解釈ですが…孫市からすれば、自分を護ることが、何かからの逃げ口だと初めから感づいていたんですよね。
だから、素っ気ないんですよ。(戦いの本分の違い、ってところもあるやも知れませんが…)
ただ、慶次の本質というか…『大切な人を護りたい』って気持ちを理解し始めてからは、割と優しくなったというか、認めつつあったというか。
――という、自己解釈。

孫市に「嫌いではない」と言われて鼻血を出すあたりは、笑いましたね☆



慶次2周目(紫ルート)。
1戦目から選択肢が増えてます。
今回はそのもう一つの選択肢・島津からスタートします。

島津→大友→鶴姫→長宗我部→石田→前田→徳川……あれ?あと一カ所…!!!?


このルートは、関ヶ原とは関係の無いルートでした。
言うなれば、自分を見つめ直す旅?
秀吉の死に納得出来なくて、かと言って、自分はどうすればいいのかも判らなくて…。
島津のじっちゃんに諭されて、家康に会いに行くんです。

…かなり遠回りで、ですけど。

だけどその旅の中で、帰る家があることの大切さに気付いたり。
袂を分かってしまった親友が、最期まで後悔はしていなかったことを知ったり。
全てが繋がって、今があることに気づいたり。
つまりは慶次の、内面的な成長が見られる話だったかなぁ…と。
救われた、っていうのが正しい?

前田家でのやり取りは、ホントによかったです!!
やっぱり、戦後最強夫婦はダテじゃない!!!!



完璧ではありませんが、参考までに(え)特別恩賞…――

前田⇒食糧庫を全て占拠
織田残党⇒全ての兵の救出、篝火を当てず?(当てる…だった?)にお市を倒す
雑賀⇒隠れ通路(陣地)の発見、孫市に見つからずに全ての陣地を占拠(隠し滑車を利用)
徳川⇒忠勝を1戦目で撃退、隠し通路の発見?
毛利(関ヶ原)⇒装置の破壊
島津⇒島津を撤退させる、全ての陣地を占拠
大友⇒…あれ?何だったっけ?(ヲイ)
鶴姫⇒不明(まだ出来てません!!)
長宗我部⇒全ての陣地を占拠…だった筈
石田⇒全ての陣地を占拠

どの戦場も特別恩賞は2つあるのですが、どうにも条件がなぁ…。
これから頑張る所存です。



慶次固有技に、夢吉がお遣いをして来てくれる技があるのですが。

――高確率で爆弾を持って帰ってきます。
しかも、本人(人!?)は大喜びでw

あれで走って逃げても、健気に後を付いてくるんですよ……泣けますぜ、いろんな意味で。(失笑)


 
スポンサーサイト




2010.08.18 Wed l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://soraai2013.blog.fc2.com/tb.php/49-a5b71c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)